安心して過ごすために

防音室

防音室では、外部からの音を気にせずに、そして音を漏らす心配をせずに過ごすことができます。個人で防音室にすることは難しいので、多くの場合は施工は業者に任されています。業者は、壁や天井などの内部に遮音材や吸音材を隙間なく埋め込みます。さらに、より充実した防音のために、ドアや窓も交換するのです。

詳しく見る

騒音問題を避けるため

工事

家族で楽しめる部屋

島国である日本は土地に余裕がないので、住宅同士の距離間が広くとれずに接近してしまうことが多々あります。これは往々にしてトラブルに発展してしまうことがあり、特に音の問題に関しての諍いという事例は多いです。日中の生活音に関しては、お互いさまであるという認識があるのか鷹揚に対応できても、夜間に関してはそうもいきません。現代においてライフスタイルは多種多様なので、夜間であるからといって誰しも就寝するとはかぎらないからです。人によっては夜になってからこそ趣味に、没頭したいと考え実行する人がいるのも珍しいことではありません。外ではともかく自宅においては、趣味や嗜好を優先するのが当然であるしまた自由に振る舞う権利もあるのです。しかしピアノやバイオリン、トランペットといった楽器は、家の開口部を閉め切っていても音がもれてしまいます。これから就寝しようとするご近所の方々には、趣味で奏でるのは自由でも騒音で迷惑をかけるのはいけません。音がもれないように一室を、防音工事をしてもらうことで安心して奏でることができます。対象となる音源の大きさや音の広がり具合も違ってきますので、専門の業者に防音工事する部屋を実際に見てもらい見積もりを出してもらいましょう。また防音工事を施工した部屋ならば、映画の音声も音を小さくしなくても大丈夫です。家の一室に防音工事を施してもらうことで、家族とのコミュニケーションを取る機会も増えます。余計なご近所トラブルを、避けて趣味を楽しみたいのなら防音工事することをおすすめします。